Azureでバックアップに失敗していたのでwaagentの更新とかをした話

タイトルの通りで以下のようなエラーがでて、バックアップが失敗していた時の対応方法。

VM agent is unable to communicate with the Azure Backup Service.
Ensure the VM has network connectivity and the VM agent is latest and running. For more information, please refer to https://aka.ms/guestagent-status-unavailable

おそらくAzure側で(勝手に)基盤が更新されたことによりwaagentが古いと基盤側とうまくやりとりができなくなっているのではないかと思われます。

対応方法
waagentのアップデート・設定・再起動

○アップデート方法
参考ページの「RHEL/CentOS 7」の箇所
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-machines/linux/update-agent?toc=%2fazure%2fvirtual-machines%2flinux%2ftoc.json

ただ、参考ページの記述も古くて、僕が確認した最新バージョン(WALinuxAgent.noarch 0:2.2.18-1.el7.centos)では
AutoUpdate.Enabledの記述がデフォルトでは存在しなかったため、自動更新はたぶん有効になっていません。

○設定方法
https://aka.ms/guestagent-status-unavailableを参考に以下実行
基本的にrootで実行しました。

■azコマンドのインストール
https://docs.microsoft.com/ja-jp/cli/azure/install-azure-cli?view=azure-cli-latest

■waagent周りのバックアップ

■不要ファイル削除

■Azureにログイン

■設定

参考
・対応コマンド全般
https://github.com/Azure/WALinuxAgent/wiki/Known-Issues#2219—protocolerror-varlibwaagentgoalstate1xml-is-missing

・azコマンドの-nameがイマイチわからなかったので。
https://docs.microsoft.com/en-us/cli/azure/vm/extension?view=azure-cli-latest

○waagent再起動

■az vmに失敗したとき
Resource group ‘{指定したリソースグループ名}’ could not be found.と言われるときがあるので、そのときは対象サブスクリプションを切り替える。

○対象サブスクリプションIDを検索

○切り替え

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です