KUSANAGIでvsftpdのPASVモードを利用すると管理画面から更新ができない

タイトルの通り。
FTPでしか接続できないという条件があって、chrootしたくてvsftpdを設定してある環境でWordPressの更新ができないという事案に遭遇。

kusanagiで自動アップデートがどうもきかないと思って色々調べてみたらvsftpdのpasv_addressを反映させたところで失敗となることが分かりました。

いやーまいった。

解決策はまだ不明。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です